お金を返済できない時はどうすればいいのか

      

お金を借りる時は、だれでも必ず返済するのだと思って借りていることでしょう。
しかし収入が少なくなったとか、あるいは予想以上に借金が膨らんだなどの理由で、返済できなくなってしまうこともあります。返済できないと取り立ても来るし、気がめいってしまうこともあります。しかし、返済できないからといって一人で悩んでいても、解決策にはなりません。このような時は弁護士や司法書士、あるいは法テラスなどに相談して、債務整理を行うようにしましょう。債務整理の方法は様々です。お金をどうしても払えないという場合は、自己破産という方法もあります。
しかし車やバイクなどを持っていて売却できる場合、そこそこの額の定収入がある場合は、任意整理を行うといいでしょう。もし住宅ローンなどを残したい時は、個人再生という方法もあります。どちらも決まった期間内で、借金を分割して返済して行く方法で、弁護士や司法書士に依頼することで手続きを進めてもらいます。ただし司法書士の場合は、借金が140万円までに限られますので、それ以上の借金がある時は、弁護士に依頼しましょう。また任意整理や個人再生を行うと、信用情報に5年間ブラックが登録されますので、その間お金を借りたり、ローンやクレジットカードを申し込んだりすることはできません。
ブラックが消えた後も、任意整理や個人再生の対象になった金融機関は、いわゆる社内ブラックになっていることが多いので、その点には注意しておきましょう



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です