過払い金請求とは何であるのか

      

テレビのCMなどでよく耳にする過払い金請求、これは具体的にどのようなものなのでしょう。

これは文字通り、払い過ぎた金利のことを指します。かつて消費者金融では、法定利息が20パーセントと決められていたにもかかわらず、年利が29.2パーセントまでであれば、罰則規定がありませんした。そのため、法定金利の20パーセントを超えてお金を貸す業者が多かったのです。

しかしこれが、最高裁判所の判決で問題になったことから、消費者金融の利用者の間で、払い過ぎた金利を取り戻そうという動きが起こるようになりました。

そしてこれと同時に、消費者金融を監督する貸金業法も見直され、2010年には改正貸金業法が施行されました。これには法定金利は20パーセントと決められていて、それを超えた金利で貸した業者は、処罰の対象となっています。もし過去に消費者金融からお金を借りていて、過払いかもしれないと思う人は、弁護士に相談して、計算をし直してもらうことをお勧めします。

この時は、契約書や取引の明細など、お金の借入に関連する書類を持って行くようにしましょう。また、既に完済してしまっている人でも、最終取引から10年以内であれば、過払い金の請求が可能です。自分で計算をし直して請求することもできますが、債権者である消費者金融との交渉がありますので、弁護士に依頼した方がいいでしょう。

また過払い金請求のみの場合は、ブラックリストに載ることはありません。それからこの過払い金請求は消費者金融からの借入のみで、銀行の場合は適用されませんので注意しましょう



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です