収入ダウンが予測される高齢者の借金は要注意

      

サラリーマンなどは、60歳や65歳で定年退職を迎えるのは、避ける事ができずに訪れるものです。再就職した収入と、年金を合わせても、大部分の人の収入は現役時代よりも減少するものです。
また年金生活を送っている夫婦で、夫が先立ち奥さんだけが残された場合には、夫の遺族年金と自分の基礎年金に年金が変わり、ここでも収入は50~60%に激減します。
この様に、高齢者は収入が大きく減少するタイミングが2回あり、こうした状況が必ず訪れる事を考えて、借金はできる限り避ける方が良いでしょう。
しかし、中々収入変化に合わせて切り詰めた生活に切りかえる事は難しく、自分では意識せずに借金をしてしまっている事も実は多いのです。
その代表の1つが、クレジットカードのリボ払いです。年金生活になると、ボーナスもなく、大きな買い物をする場合に、クレジットカードで購入し、それを年金生活で返済できる範囲のリボ払いとして返済しているケースが見受けられます。
これは、リボ払いのメリットであるのですが、先に述べた様に夫が先立ち残された妻の収入が遺族年金に変わると、この返済に苦しむ状況に陥る場合があるのです。
生活が苦しくなると、さらにクレジットカーで支払い、それをリボ払いで返済するという事態に陥る事もあります。
クレジットのリボ払いの金利は高く、これは借金であると言う認識をしっかりと行う必要があります。特に収入の減少が必ず訪れる高齢者は注意すべきと言えるでしょう。



あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です