カードローンの増額申請 注意したいタイミング

      

毎月の収入だけでは支出を賄えうことが出来ず、銀行カードローンでキャッシングしては生活費やクレジットカードの支払いに充てる様な生活がここ数年続けています。

全くもって、健全な家庭の経済状況とは言えません。「鶏が先か卵が先か」の様な話ですが、毎月の不足分をカードローンのキャッシングで賄い、毎年夏・冬のボーナス時に一括返済や増額返済をして、なるべく借金をリセットする形を取ってきました。

しかし最近は子供たちも大きくなり、教育に掛かるお金など出費も増えたことで借入額も増えていることから、一括返済しきれずに積み上がってきている状態です。
そんな状況の中、昨年肝を冷やした出来事がありました。

その出来事の数ヵ月前に、会社の都合でグループ会社へ転籍となっていました。会社の総務担当者からは、対外的には勤続年数などは引き継いでもらってOKと言われていたこともあり、「何の問題も無いだろう・・・」と思っていたのです。

その頃、利用していた銀行カードローンの借入額が積み上がって来ていたこともあったので、限度額の増額申請をしておこうと考えていました。申請はwebサイトから行いましたが、勤務先を入力する欄があり、「どうしたものか・・・」と考えてしまいましたが、嘘を書いてはいけませんし、転籍した現在の会社名を入力しました。

すると、審査過程で確認の電話が入り、「以前と勤務先が変わっている様ですが?」とのこと。当然あるだろうなと思っていた質問でしたので、会社からはグループ内での転籍で勤続年数も引き継いでOKだと言われていると対応しました。

しかし結果は、最悪の「出金停止」の措置でした。新たな借入が出来ない、返済だけのカードになってしまったのです。
幸いにも、その銀行カードローンを利用する前に利用していた信販系のカードローンが生きていたので、借り換えることで難を逃れましたが、もしもそれが無かったら大変なことになっていたと思います。
カードローンの増額申請も、新規の時同様に審査されるものです。勤務先が変わり、勤続年数が短いタイミングは出来れば避けた方が良さそうです。



あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です