超高齢の家族のお金の管理

      

夫に先立たれ、一人暮らしの80歳を過ぎた女性は、オレオレ詐欺の様な特殊詐欺に騙されやすいと言われています。

これは、常識的に考えれば少しおかしな話でも、老化に因り理解力が落ちて、おかしいと言う事が分かりにくくなっているためです。

こうした超高齢の一人暮らしの親が離れて暮らす場合には、特殊詐欺に合わないようにと言う心配と同時にお金の管理が全体的にできなくなっており、何らかの形で、お金の管理に子供が関与する事も必要です。

例えば、不要不急の品物を勧められるままに購入し、クレジットカードで支払し、それを自分の収入を意識してリボ払いとしている様なケースも少なくありません。
こうしたクレジットカードの使い方をする事で、いつしか大きな借金を抱え込んでいる事もあるのです。

それでも厳密な収入と支出の計算などができずに、知らぬ間に借金返済に行き図まっている事も理解できず、次の年金が入れば返済できるなどと考えたりするケースが多いのです。
理解力が十分にある年齢の間は、クレジットカードは便利に使用すれば良いですが、こうした老化現象で理解力が大きくダウンし始めた時には、クレジットカードを取り上げる等の関与をする必要もあります。
また、時々一人暮らしの家族を訪れ、郵便物をチェックしたり、身分不相応の買い物をしていないか等、お金にまつわるトラブルの可能性が無いかをチェックする事も必要でしょう。



あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です